2013年12月31日火曜日

【2013年】我の微力さ、師の大きさ

みなさま

本年もありがとうございました。

まだまだ道半ばですが、
これまでの道のりをともに築いてきてくれたみなさまには、
ここにあらためて感謝を述べさせていただきます。

Harriersを立ち上げて、私の人生は大きく変わりました。
出会うことがなかったであろう方々と出会えたこの8年は、
本当にかけがえのないものです。

自らの会社を経営することで、
経験のない責任とプレッシャー、ストレスが芽生えたのは確かですが、
それを受け止めて、こうしてなんとか前へ進むことができているのは、
Harriersの会員、コーチをはじめ、
共感できる方々のおかげです。


ランニングに真摯に取り組む姿、
さまざまな言葉に
今年も何度も励まされました。

年末、ある方からのメールにこんな一節がありました。

『「忘れる」ばかりの忘年会ではなく、希望を語る「望年会」を来年やろう』

人生の先輩方のおっしゃることは、
私の想像を超えることばかりです。

これからも人生の師に囲まれながら、
少しでも私もみなさんや社会のために力になれるよう
努力してまいります。

2013年 大晦日

Running Team Harriers
代表 安喰太郎


年内最後の土曜日練習会は、
全員リレーで締めました(^_^)




2013年12月23日月曜日

【ご報告】第5回マラソン挑戦会(12月22日)



昨日、ご参加のみなさま、ありがとうございました。
また、ご参加できずもチャリティ(ご寄付)にご協力くださったみなさまにも御礼申し上げます。
7分グループのフィニッシュタイムは6時間45分。
長い時間のRUNでしたが、みなさまのご協力のおかげで、事故なく終えることができました。
心より感謝しております。

以下、ご報告です。

【第5回マラソン挑戦会】
◎出走者数 43人
◎チャリティ総額 21,500円(43人×500円)

【チャリティ(その他)】
・挑戦会参加者(上記に加えて)11,000円
・忘年会参加者 10,000円
・練習会参加者 1,500円

■総額 44,000円
※お振込み分につきましては、20日(金)15時記帳分まで。

たくさんのみなさんのご協力、本当にありがとうございました!
運動器具に関しては、陸前高田市のササキスポーツさんを通してすみやかに購入いたします。

TARO

2013年12月9日月曜日

【速報】ホノルル本番

今年、本番のサポートをさせていただいたMiChiさん、無事に完走しました。
ネットタイムで5時間22分08秒。
長い距離の練習は行っておらず、ご本人も、正直、私も不安でしたが、
レース中聞いたら、30km歩く練習は行ったとのこと。
そんなご本人の努力と、ここ一番の勝負強さが相まって、
好タイムでのフィニッシュとなりました。

スタートは朝5時。辺りが明るくなるのは6時半を過ぎてから。

前半ペースを抑えた分、歩かずに完走!
終わってみれば、後半のハーフの方が速く走れました。

脚が止まってくる「35K」。

フィニッシュゲート

今年は天気が良く、ほとんどのランナーにとって、暑さとの闘いでした。

マラソンは体力が占める割合が多いですが、
「知力」(戦略、思考能力、判断力、など)も成功する要素だなと感じました。

私にとって48回目のフルマラソンでしたが、とても学びの多いものとなりました。

TARO

2013年12月7日土曜日

第41回ホノルルマラソン



週末のホノルルマラソンのために、
1年ぶりにハワイを訪れました。

今年も、adidasさん関連の業務と、当日のサポート(出走)です。
今回はアーティストのMiChiさん(http://www.michiness.com/)と走ります!

到着早々、市橋有里さんとadidasブースで登壇。
その後、MiChiさんとランニング。

2013年、ホノルル初ランはマジックアイランドにて

EXPOのadidasブースでは、トークショーや、さまざまな商品を展開しています。





今日(金曜日)は、朝7時から『プレミアム朝ラン』。
ジェームズ中野さん、市橋さんとともに担当させていただきました。
ホノルルで初フルに挑戦するモデルの田中美保さんもご参加。


関係者で1枚
朝食はアサイーが評判のお店へ中野さんらと行きました。
アサイーのみならず、ワッフルもベーグルもカフェラテもおしかったです(^^)v
走らないと体重が増えそうです。


『BOGART'S』
http://bogartscafe.webs.com/

今日はこれからEXPO(ステージ×1本)です。

TARO

2013年12月1日日曜日

2人の世界チャンピオン

横浜国際女子マラソンの日、午前中に「日体大長距離競技会」の5000mに出場しました。
そのとき、とても懐かしい再会が2件も同時にありました。

おひとり目は、専大松戸高校陸上部顧問の林先生。
もうひとりはイギリス人のマイケルトリーズさん。


林先生とお会いするのはおそらく20年ぶりくらい。
ですが、ほとんど変わらないお姿に、つい気軽にお声かけさせていただきました。
他校で、夏の合宿のみご一緒していただけなのですが、
先生方って、本当に素晴らしい記憶力ですね。
感動いたしました。

マイクとは何年ぶりか覚えていませんが、
ゆっくり話をしたのは、彼のレディングの家におじゃまして以来。
51歳(!)にもかかわらず、私の2つ後の組で15分41秒で走っていました
(4秒負けました)。
こうやってがんばっているセンパイがいると、自分ももっと窮めようという気持ちになります。

で、なぜふたりが「世界チャンピオン」かと良いますと、
今夏の「世界マスターズ」(陸上競技のシニアの世界大会)で優勝したとのこと。
林先生は砲丸投げ、マイクは5000m(1500mと言っていたかもしれません。すみません)

私も2年後(41歳になる年)に世界マスターズ出場を目標にしているので、
とても刺激を受けました。

当面、マイクには勝たないといけません(笑)、年齢のカテゴリーは異なりますが。

【この日の私の記録】
5000m 10組 4着 15分45秒35

TARO