2011年7月29日金曜日

「循環型社会」のための小さなアクション

先日、実家(柏市)に行ったところ、
「この夏、まだ冷房を入れてない」
とのこと。
ものすごくガマンしているようではなく、
風通しが良いらしく、うらやましくなりました(^_^)

都心部も節電の効果でしょうか、
例年ほどの「ヒートアイランド」を感じません
(私だけ?)。

限りある資源を大切に利用し、
できるかぎりの再利用をしていく社会へと、
構造的に変えていく必要がありますね。

科学やエネルギーの難しいことは分かりませんが、
なんとなく使っていた電気をはじめとしたエネルギーを
今一度節約することの有益さを
しみじみ感じる今日この頃です。

さて、話は変わりますが、
みなさん、これまで一体何足のランニングシューズを
履いてきましたか?
私は・・・正直、数え切れません(笑)。
そして、捨てられません。
少なくとも、現在、Harriersを立ち上げて以降のシューズが
事務所、自宅の下駄箱を占有しております(^_^;)

なかでも、好記録を出したときのシューズや、
特別思い入れのあるシューズは
とっておくようにしています。

イギリス留学時代、5kmのロードレースで着用。
adizeroシリーズ誕生前のモデル、
たしかadidasのCubato Plusだった記憶が。
時々、ミッドソールに、マークした記録や、
活を入れるメッセージを書き込みます(^^)v

シューズも、RecycleやReuseということが世界的に言われるようになりましたね。
私のように、時々捨てがたいシューズと出会うこともありますが、
有効に活用する方法もありそうです。
以前、Harriersではアフリカのザンビアに中古のシューズを
送っていました。
そういった活動を再び始めていこうと考えています。

ランナーの「唯一の武器」とも言える「ランニングシューズ」。
履き終わる頃、そのシューズの「第二の人生」まで
考えていくこと。
これからは、それがランナーにとっての責務であり、
常識になっていくのかもしれませんね。

TARO

2011年7月26日火曜日

台風が過ぎてからしばらくは涼しかったですが、
今週に入ってじわじわと暑さが戻ってきましたね。
ちょうど土曜日の練習会(午前中)を行っている間、
最初は比較的涼しく、昼間に近づくにつれ、
真夏の陽射しが顔を出し始めたような気がしています。
みなさん、ご参加ありがとうございました。

いつも差し入れありがとうございます!
この日のパッケージは印象深かかったです(^_^)


この日は夕刻から、ある企業の社員の方向けの
ランニング講習会を担当させていただきました。
フォームチェックやインターバルトレーニングなど、
暑い中、長時間にわたりましたが、
ご参加の皆さん、ありがとうございました!


日曜日は、関東学生陸上競技連盟主催の
「サマーゲームス」を観戦しました。

例年、夕方から夜にかけて行われますが、
今年は節電に配慮して(だと思います)、
15時から3時間熱戦が繰り広げられました。
いつもの織田フィールドが、この日ばかりは、
学生、社会人のトップアスリートと、
陸上ファンで埋まりました。

投てき種目(やり投げ、砲丸投げ)あり

400mあり
ハードル種目あり

中距離(800m、1500m)あり

そして、ファイナルは100m。
盛りだくさんでした(^_^)
優秀な成績を挙げた選手のインタビューでは、
「震災後の社会を明るくしたい」
という内容の言葉が何度も聞かれました。
スポーツが復興に直接寄与することはできないですが、
復興の過程でちょっと背中を押すことはできるのではないか、
と感じています。

ちょうど昼間、クリネックススタジアム宮城で行われた
「プロ野球オールスター」を観て同じことを考えていたので、
目の前で疾走する選手の姿、熱いメッセージを見聞きして、
その思いをさらに強く持ちました

研ぎ澄まされた肉体に自己鍛錬の美しさを感じ、
熱いメッセージに周囲への感謝と思いやりの大切さを
感じました。

TARO

2011年7月23日土曜日

「熱」たまたま「冷」、そして再び「熱」

暑い日が続いていましたので、
高原のような気候は
身体にやさしいですね。
弱った機能が元に戻るような気がします。

昼食時、来週渡米する旧友に会いました。
顔を合わせるのは、実に10数年ぶり(^_^)
同世代として、40歳目前でのチャレンジに
心からエールを送ります。

夜は2日続けてのadidas RUNBASEクリニック。
昨夜はTomoko Coachのサポート、
今日は自分が担当する回で、
Yuya Coachがサポートしてくれました。
彼は、現役アスリート、ランニングコーチ、
Harriers社員という「三足のわらじ」を履いて、
よくがんばっています。
彼は、意見を言うときは、必ず代替案を持ち合わせているところが
素晴らしい。
基本的なことですけど、けっこう抜けてしまいがちですよね(^_^;)
私も単なるグチを言わないように気をつけています。

身内の自慢(!?)をもうひとつ(笑)。
本日(金曜日)早朝に行われた
「富士登山競走」(五合目コース)
に初出場のYukoCoachが見事4位に入賞しました。
千葉の船橋から自分で車を運転して、当日入りですよ!
素晴らしいの一言に尽きます。

こんな熱い仲間に負けないよう(支えられながら)、
Harriersをより良いチームにしていきたいと考えています。
走るほうでも、自分史上最高の走りを追い求めていきます。

TARO

2011年7月22日金曜日

陽はまた昇る

台風一過の青空とはなりませんでしたが、
涼しくて過ごしやすい一日になりましたね。

まだ台風の影響が感じられる朝の時間帯。
モーニングランになんと5名の猛者(女性に失礼?)が
来られました(ありがとうございました!)。

Harriers会員の方が姪っ子を連れてきてくださり、
その高校生がしっかりしていて、早朝から感動しました(*^_^*)

現在、海外留学中の彼女から出た言葉。

「日本を変えたい」

どこをまず変えていきたいか、
ということは個人的なことなので省きますが、
生き生きした表情から発せられた
遠大な言葉が心に響きました。

「なでしこジャパン」の活躍しかり、
若い世代の活躍や言動が
日本の明るい未来を感じさせてくれます。

陽は毎日昇りますが、同じ日は一日としてない。
そんなあたりまえのことに気付かされた日となりました。
生きることは、自分史を塗り替えることではないか、
走ることを続けることで、いつからかそう考えるようになりました。

TARO

2011年7月20日水曜日

舞う

関東地方はまだ「序章」でしょうか。
それでも、台風の影響でだいぶ風が舞っていますね。
水害や交通機関の乱れに今後注意が必要ですね。

さて、そんな降ったりやんだり、
時折強い風が吹くコンディションでしたが、
練習会にご参加のみなさん、
ありがとうございました!
期せずして涼しくなったので、
久しぶりに走りやすかったと言うことができるかもしれません。



ブルートラックに張り替えられた駒沢競技場


昨日は、渋谷区記録会(主催:渋谷区陸協)があり、
1500mに出場しました。

今年は、大会に出ては休み、出ては休み・・・を
繰り返し、つなぎのトレーニングがまったくできていません(>_<)
が、たまにこうして大会を入れていかないと
本当に身体がなまってしまいます(^_^;)

6月の日体大記録会の時は4分10秒を狙って出場しましたが、
今回は4分15秒かからなければいいと考えて参加。
結果、4分14秒14という記録でした。

Tomoko Coachは大会新記録で1着でゴール(4分55秒96)。
私と似たような状況ですが、
本番で120%の力を発揮できるあたり、さすがとしかいいようがありません
(上から目線!?- 笑 -)。

私はゴールしてから夜まで酸欠(?)で体調がすぐれませんでした(^_^;)
みなさんもムリなトレーニング、レースはなさらぬようお気を付けください。

と言いつつ、トラックを走るのが好きなので(^_^;)
次戦が2週間後に控えています。
北区陸協主催の「ナイター陸上」(夢の島)。
今度はHarriersの会員のみなさんも7名エントリーしているので、
とても楽しみにしています(*^_^*)
800mと5000mにエントリーしていますが、
5000mは800mの回復次第になりそうです(間3時間弱)。


1500mはレース時間が短く、また、Harriers会員のOdaさんの
撮影の腕がとても良かったので(ありがとうございました!)
昨日の模様をYou Tube(動画につき音声出ます)にアップロードしてみました。
ご笑納ください。

↓ 1500m(女子)
http://www.youtube.com/watch?v=WcLvBWqrMEI

↓ 1500m(男子)
http://www.youtube.com/watch?v=zC8HZ7CzNr4


TARO

2011年7月17日日曜日

燃ゆ

上(太陽)から下(トラック)から
熱がおそいかかるような天気になりました。

土曜日の練習会にご参加のみなさん、おつかれさまでした!

さんさんと降り注ぐ陽射しと照り返しで、
非常にタフなコンディションでしたが、
参加されたみなさんが何かひとつでもつかんでほしいと
願いながら、引っ張ったり声をかけたりしました。

むだなトレーニングは存在しないと思います。

対「暑さ」、対「スピード」、
対「疲労」、対「耐久力」(フィジカル&メンタル)・・・

私はいつしか120%前向き思考(志向とも言える?)になったので、
失敗も含めて「経験」(実践)を次に生かすことができると確信しています。

個人的には、海の日(月曜日)の1500m(渋谷区記録会)が
真昼間スタートなので(>_<)
この暑さを経験できて良かったです。

今年は、細かく大会を入れて、その都度なまけがちな身体をたたき起こして、
涼しくなるまでつないでいきます!

TARO

2011年7月15日金曜日

積極的休養

まばたきをしている間に、札幌国際ハーフから10日が経ってしまった。
そんな感じがします(^_^;)
月日が経つのは本当に早いですね。

毎週木曜日はHarriersモーニングランの後、
拝島の病院でヒザのリハビリを受けています。
広々したリハビリルームから望む山並みにいつも癒されます。
東京も西部へ行くと、手が届きそうな所から遠くまで、
山が連なっている様子を見ることができます。

肝心のヒザのほうは、良い方向に向かっています。
ただ、走ることを休むことはできないため、
治癒するまでに時間がかかることは理解しています。

最低限の走力を維持しながら、
冬には42.195kmに耐えられる脚にしたいと考えています。

ところで、これだけ暑い日が続くと、
山や高原で走りたくなりますね。
前のブログに書きましたが、札幌の円山公園陸上競技場の
芝生は整備が行き届いていて、
とても走りやすかったです。
素足のクールダウンには本当にピッタリでした。



「芝生」に関連付けるには少し強引ですが、
先日稀少な(!?)「土」を頂きました。
QVCマリンフィールドの土です(^^)v


Harriersの会員で高校の先輩でもある方からいただきました。
ありがとうございます!


昨夜はNHK文化センター(青山教室)の夏季講座の第1回目で、
こんな質問を頂きました。

「疲れて走れないことがある」

はい、私も同感です(^_^;)

暑さや仕事からくる疲労で走ろうという気持ちが起きなくなってしまうこと。
だれしもありますよね。
「走れない」ということがストレスになってしまっては
余計にストレスがたまってしまうので、
走ることは翌日以降にして、その日は身体をゆっくり休めたり、
自分の好きな物を食べたりして、
リフレッシュを図ることが最善だと思います。

休むことで「走りたい」という気持ちが蓄積されますから、
休養を「積極的に取り入れる」ということは
とても大切なことと言えますね。

ちょうど私が大学生の頃、
「アクティブレスト」(積極的休養)
ということが言われるようになりました。

競技者にとっての積極的休養は完全休養ではなく、
トレーニングの強度を落とした運動を意味しています。
芝生で軽くジョグをしたり、水泳をしたり、
ミニサッカーをしたり、
さまざまな方法があります。

真夏に山や高原を歩いたり走ったりすることも
積極的休養と呼ぶことができると思います。

この夏は、積極的休養を意識しながら
走力を維持して、心も身体も良い状態で秋を迎えたいですね(^_^)

TARO

 
 
PS.

札幌のスープカレー屋にて(^^)v

2011年7月4日月曜日

熱風舞う、札幌

昨日とは打って変わって、雨の札幌です。
外は少し寒そうです(^_^;)

それにしても、昨日は暑かった・・・。
スタート時の気温、29度。
ただ、風が熱気を少しだけ和らげてくれました。

「第54回札幌国際ハーフマラソン」

とても長い歴史のある大会なんですね。

私は今回初出場。
暑い中で走ると、頭に熱がこもり危険なので、
炎天下のレースは意識的に避けてきました。

ただ、こうして時々ハーフくらいの距離を走っておかないと
身体がなまってしまうのがこわく、
初挑戦してみました。

結果は・・・

1時間16分43秒。

おそらくHarriersを立ち上げ後のワースト記録です(>_<)

序盤は下り坂もあり17分40秒くらいで5kmを通過。
1kmごとの距離表示がなかったので、感覚に任せて走ったのですが、
自分としては、3分40秒くらいかなと思っていたので、
ちょっと速かったです。

札幌の市街地を走る中盤は暑さとの戦い。
5km以降、5kmごとの給水、7.5km以降、5kmごとのスポンジ。
とにかくこのポイントを一つひとつ目指して走りました。

後半は、苦しいながらも前の集団をひとつずつ追いかける形になり、
低調なペースながらもリズムはわるくなかったのかな、
と今は冷静に振り返ることができます。

が、そのリズムが17km辺りでストップ。
正直、一瞬「止まれば楽になるぞ」という弱気の声が聞こえてきましたが、
17.5km地点のスポンジに救われました。
頭を中心に全身を冷やして、なんとかゴールを目指しました。
ラスト2kmから始まる上り坂は、ウォーミングアップで走っていたので
想定内でしたが、速足くらいのペースに落ちました。

上り切ってからのラスト1km(うち競技場を約600m)は少し復活。
キロ3分30秒くらいで気持ちよく走ることができました。

ゴール後は、さまざまなランナーの方と談笑し、
Yuya Coachらとのんびりトラックの芝生でクールダウンジョグしてから
会場を後にしました。

当日入りの強行日程ではありましたが、いい経験ができました。

Yuya Coachとラーメンを食べて胃袋を満たしました
ホタテが3つも入ってました(^^)v

TARO

2011年7月3日日曜日

良い緊張感を持って、札幌へ(体力はないけど・・・)

今週はとても暑かったですね。
真夏が近づくと、夕立や雷雨の回数も増えますね。
私は木曜日に雷雨に2度当たる(郊外と都心部)という珍しい経験もしました(^_^;)
また、千葉マリーンズの生え抜き選手が移籍してしまい、
雷以上の衝撃が走りました(>_<)
やむを得ないこととはいえ、残念でなりません。
プロ野球の世界はキビシイですね。

さて、きょう(土曜日)も蒸し暑い天気でしたが、
練習会へご参加のみなさん、ありがとうございました。
サロマ湖100kmに出場、応援に行かれたみなさんをはじめ、
たくさんの会員、コーチからお土産、差し入れがありました。
いつもながら感謝しております。
練習会に来られたみなさんでほぼ完食です☆



今週、Jason Coachが奥さま(Miki-san)と来日。
事務所に来てくれてランチを一緒に食べました。
明日から広島へ行き、その後、関空からシンガポールへ帰るそうです。
ありがとう、Jason & Miki-san!!!

Jasonも体調を崩していましたが、夏カゼにかかっている方が
けっこういるようですね。

本格的な猛暑が来る前に、ぜひとも回復に努めてください。

「ナントカはカゼ引かない」ということで、
床でうたた寝してもまったくカゼを引かない私は、
やはり同種の(笑)Yuya Coachと明日は札幌国際ハーフを走ります。
今日、会員のみなさんと真剣に走って(いつもですが^_^;)
ピリッと引き締まったので、その気持ちを持って臨みます。
タイム云々より、さまざまなキビシイ状態を抱えながらどこまで走れるか。
そのあたりを楽しんできます♪
札幌ですが、早朝便で当日入りです(^_^;)

TARO