2007年6月25日月曜日

梅雨入り!?

首都圏が梅雨入りして今日で11日目。
今朝はパラッと小雨が降っていたものの、Runningを回避するほどのものではなく、
いつも通り代々木公園には朝早くからたくさんのランナーが走っていました。
月に2~3回朝夕のジョグでお会いして一緒に走ることもあるS&B食品の国近さん(アテネ五輪マラソン代表)の姿は今日は見られませんでしたが、武井隆次監督が見守る中、S&Bの選手が朝のランニングをしていました。ジョグなのに彼らは本当に速い^^;
自分もHarriersの夏合宿では昨年以上に朝から走りこみたいと思います。
その前に、今週末にゴールドコーストマラソン(フル)を走りますが、どうなることやら。
初めてのことですので、Harriersツアーご参加の会員さんのサポートを第一に、
来年を見据えてコースをしっかり見てこようと思います。
London Marathon以降、マラソン練習はしていませんが、せっかくの機会なので
自分自身印象に残るレースにしたいと思います。

2007年6月12日火曜日

豪雨で水没


日曜日の集中豪雨で代々木公園は「水没」しました。

それでも、30kmこそ叶いませんでしたが、Harriers会員はMAX20kmまで走破しました。

木曜日に「リベンジ20km」。なんとか天気はもちそうです。

いやもってくれないと困ります^^;

2007年6月7日木曜日

第5回Practical Running Academy




「もうOne Step速くなりたい」というRunnerに、より実践的なトレーニングを習得してもらうことを目的に行っている「Practical Running Acadmey」も5回目を迎えました。

今回の講師は平塚潤さん(城西大男子駅伝部監督/93年世界陸上1万m日本代表)。

市民ランナーでは少しちゅうちょしがちな「インターバルトレーニング」についての講義と

実技を行いました。


陽射しも強く気温も高い一日でしたが、無事閉会。

時に現役時代や指導者として日々起こっている出来事のエピソードを交えながらのお話はとても興味深く、また、実技では、4グループすべてで1~2回走るなどフル回転してくださいました。

Top Athleteを指導するコーチから、参加者の皆さんにとっても運営側の人間にとっても

たくさんのことを得ることがありました。


平塚さん、ありがとうございました。


なお、次回で最終回。7月8日(日)に櫛部静二さん(城西大男子駅伝部コーチ)を講師に行います。



週末の代々木パーク

拠点にしている代々木公園はこの時期本当に爽快です。

都心にあって緑が多く、ランニングコースは「緑のトンネル」に覆われ、

ロードやトラックより体感気温が下がります。


先週末はインターバルトレーニングの仕上げにリレーを行いました。

中央広場はシートを敷いてLunchをするにはGoodですが、走るには

少しRoughでスピードに乗りづらいコースです。

ただ、未整地を走ることは日ごろ鍛えられない筋肉を鍛えられたり、

「コーディネーション能力」(自分の身体をしっかりコントロールして走る能力)を

養成したりできるので、プラスアルファで取り入れたいトレーニングです。


New Zealand出身のJason Coachはこういったクロカン的トレーニングに親しみが

あるので、はりきってコースレイアウトを考えてくれました。