2012年6月27日水曜日

正義の見極め

日本という国が今後どうなっていくのか。
国会が紛糾しています。
私のように政治に疎い人間が、
ブログで政治の話題をとうとうと語っても
なんの説得力もありませんが、
これからの日本を憂うひとりであり、
今後の国会審議や政局を注視しています。

今日は、ご紹介を頂戴し、
『篠原文也の直撃!ニッポン塾』
を聴講させていただきました。 
本会は、政治解説者の篠原氏が
政・財・文化界のゲストスピーカーとともに
各氏の専門分野の話を掘り下げ、
また、聴講者からの質問に答える形式で行なわれています。

私は初めて出席させていただきましたが、
なんと、本日のゲストスピーカーはこちらの方。


政局のキーパーソンのひとりと言われる、
民主党の輿石東幹事長。

昨日の今日ですから、いらっしゃるのかどうか、
と思っておりましたが、予定通りご登壇されました。

現在進行中の難題がある中ですので、
当然言葉を選びながらではありましたが、
メディアからは伝わってこない、
信念と情熱を持った方であることは強く印象に残りました。


私が一貫して思ったのは、
だれが良いとかわるいとか、
何党が、何派がどうのこうのとか、
メディアが本当に大切なことを国民に伝えているのか、
という議論より先に
(もちろん解消すべきこともありますが)、
個々人が常に問題意識を持って、
どういう施策が遂行されたら日本が
より生きがいを感じられる国になるのか、
ということを真剣に考えないと、ということ。


私自身、選挙権をもってから20年近くになりますが、
自分ひとりの1票で何が変わるのか、
という虚脱感のようなものは正直あります。

が、それでも地道に投票所へ足を運ばないと
最低限の責任を果たせないと痛感しました。

あたりまえのことではありますが・・・。

国内外での難題が山積する今、
なに(政策や社会システム等)が正しいか、
正しい方向に導いてくれそうな政治家はだれか、
そのあたり、既存のメディア以外実際のところ
頼るものはありませんが、
自分自身の眼と頭で日々考えていきたい、
という思いを新たにしました。

TARO

2012年6月25日月曜日

門出

日頃、Harriersコーチとして獅子奮迅の活躍をしている
深浦祐哉コーチが6月17日(日)、結婚式を行ないました(^_^)


私は挙式から参加させていただきました。
私にとって、おそらく、奥様より長い時間を密に過ごしてきた
大切な「相方」なので、本当にうれしかったです。


挙式、披露宴、2次会の様子を、写真でドドーンとご紹介します☆

「誓詞」に署名。明治神宮。



披露宴開始。明治記念館。


僭越ながら・・・乾杯の挨拶をさせていただきました。

Yuyaコーチ with Harriersコーチ

和装から洋装へ。



Yuyaコーチが在籍した、
早大トライアスロンクラブの同期のみなさんら。
素晴らしい演出に和んだり、うるっときたり。




新郎の締め!

雨の予報を覆し、
今季一番の陽気でした。



新郎新婦&コーチ陣

2次会


ちょっと肩の荷が下りたふたり。
酒豪夫婦とのこと(笑)


本人たちは今頃、新婚旅行先のギリシャから
日本へ発つ頃かと思います。


さらに素敵な思い出を重ねてきたであろう夫妻を、
温かく迎えたいですね(*^_^*)

Yuyaコーチは、金曜日の練習会から復帰予定です。

TARO

2012年6月18日月曜日

第96回日本陸上競技選手権大会


6月8日(金)~10日(日)、大阪・長居陸上競技場にて、
陸上競技の日本選手権が行なわれました。

今回は五輪選考会ということもあり、
ホームスタンドを中心に、かなりの観衆が入っていました。
陸上ファン、陸上競技に関わる者として、とてもうれしかったです(^-^)

私は、土曜日のHarriersの練習会後、夕方の種目から駆けつけました。
この日は夜までプログラムが組まれていたため、
かなり満喫することができました。

静寂と声援。
レース前の緊張した面持ちと、レース後の安堵した表情。

一瞬にかけるスポーツの醍醐味を存分に感じることができました。

大入りの2日目。夕方からでは、ホームスタンドには座れず。

2日目注目の男子1万メートル決勝。
周回遅れの選手を抜く先頭集団。

陸連公式キャラクター『アスリオン』。

日本新記録が誕生した女子やり投げ(3日目)。


東京開催でもこの数字が集められるか・・・
ちょっと不安に感じました(^_^;)


TARO




2012年6月7日木曜日

待望の復帰

火曜日の練習会に、うれしい顔が。
3年前の北海道マラソンで快走した鈴木さん、
それから、宇佐美さん。

鈴木さんは同大会でHarriers女性会員の最高記録を樹立。
が、この時の無理がたたって、長い年月、リハビリに費やしていました。

宇佐美さんは事情があって年明けからランニングをお休み。
Harriersが産声を上げて間もない頃から、
ムードメーカーとして、チームにも私にも叱咤激励をし続けてくれる存在です。

そんなふたりの登場(復帰)もあって、この火曜日の練習会は
いつも以上に「熱く」感じました。

おふたりのゆるやかな復調を楽しみにしています☆

TARO

2012年6月4日月曜日

第65回都民体育大会春季大会<陸上競技>


2年ぶりに出場しました、通称『都民陸上』。
雨の予報が覆り、時折、やや強い陽射しが降り注ぐ陽気となりました。
私はこれまで、渋谷区代表として800mに出場させていただいておりましたが、
今回初めて1500mに出場しました。

最寄り駅に着いたら、思いがけず、どんどん緊張してきて、
会場でプログラムを見たら速い選手がいっぱいで、
「こりゃ、予選突破もあやうい」
と、緊張の度が増しました。

適度な緊張感は力に変えられることがありますが、
昨日は本当に最近経験のないほどに緊張してしまい、
力が抜ける感覚すらしました。
いつもより口数も少なかったはず・・・(^_^;)

焦りと不安でいっぱいでしたが、
幸い、全2組のうち2組目だったので、
予選通過ラインを確認してスタートにつくことができました。

結果、2着。
4着までが自動的に決勝に進めるので、
ほっと胸をなでおろしました。
が、予選からだいぶ脚を使ってしまい、
決勝でこのタイム(4分14秒台)を超えるのは
難しいかもしれないと正直思いました。

そして、およそ3時間後。
決勝。
力のある選手が飛び出し、
私は中盤で待機。
正直、前で勝負できない歯がゆさもありましたが、
タイムと順位でそれなりのものを狙っていたので、
前半はガマンしました。

短い距離なので暑さはさほど影響しませんでしたが、
ホームストレートの向かい風がなかなかのもの。
極力、バックストレートで楽にタイムを稼げるように心がけました。

結果、4着。
へろへろのゴールでしたが、
現時点での力は出し切れたかな、と。
4分10秒は切れませんでしたが、そこそこ満足しています。


Harriers関係者のリザルトは以下の通り。
調子がイマイチながら、みなさんの奮闘が光りました(^-^)
多少は渋谷区に貢献できたでしょうか。

Harriersから出た面々
■1500m 男子
予選 2組2着 安喰太郎 4分14秒11
決勝 4着 安喰太郎 4分11秒06

■5000m 男子
決勝 張仕穎 1位 15分21秒82

■5000m 女子
決勝 玉虫智子 3位 17分53秒10

■走高跳 男子
決勝 小田佳輝 8位 1m55cm

■4×100mリレー 男子
決勝 渋谷区(1走、小田佳輝) 7位 50秒27

◎男子総合 渋谷区 68点 4位
◎女子総合 渋谷区 29点 5位
◎総合 渋谷区 97点 4位

駒沢まで応援に来てくださったみなさん、
ありがとうございました!!!
苦しむ姿を見られるのは恥ずかしい気持ちもありますが、
かなり背中を押してもらいました!


次は、7月7日(土)の「ナイター陸上」の1500mで
4分10秒を目指します!

TARO

2012年6月2日土曜日

超える

さきほど玄関の扉を押し開けたとき、
ふと、頭の中に浮かんだ言葉。

「超える」

日々、私なりに「超える」ということを、意識して生活しています。

我々の世代の次の世代まで継承されていくクラブチーム。
そのために、目先のこと、中長期的なこと、
取り組むべきことは視界にとらえているつもりです。
ただ、見えていないことも当然あるので、
周りの方や先人から学んでいくべきとも考えています。

最近、ついチームの運営や人生について逆算して考えてしまうのですが
(歳のせいでしょうか・・・)、
まだまだ、「攻め」ていくことで、できるかぎり明るい未来を切り拓こう、
と考えるようにしています。

日々、さまざまな助言、やる気を喚起してくれる人や出来事に
恵まれています。
もちろん、一瞬へこむこともありますが、
ひとつひとつ「超える」ことで、
個としても、組織(チーム、会社)としても成長できるかなと。

「超える」ための難敵は、自分自身。

甘えや妥協もまだまだ多いと自覚していますが、
走ること同様、ストイックにがんばっていきたいと考えています!


なんだか一貫して漠然としたトーンになりました。
これからも、仕事も自身のランニングも、できればプライベートも
現状を超えていきます!

TARO

PS.

当座、もっとも大きな試合となる日曜日の「都民体育大会(陸上競技)」
(駒沢陸上競技場)。
1500mに出場します(渋谷区代表で走らせていただきます)。
予報が雨になり、残念ですが、出し切ります!