2011年3月18日金曜日

日本を照らす

はじめに、震災支援の寄付にご賛同くださったみなさま、ありがとうございました!

正直、ブログパーツのカウンターの数字(金額)が動かないのでは・・・
という不安もありました。
が、こうして短期間に多数のお気持ちが集結したことに、
心より感謝しています。
同時に、この気持ちを継続していくこと、
そして、みんなで日本の社会を少しでも明るく照らしていこう、
という気持ちでいっぱいです。

Harriersの会員のみなさんらにはメール配信した際に述べましたが、
「支援」=「お金」とは決して思っていません。
節電、電話を控えること、物資の提供、
生活用品が被災地域へいくように買い占めをしない、など、
私たちにできる大切なことはさまざまあります。

一人ひとりのちょっとした心構えの変化が、大きなものになる、
ということを今回のチャリティを通じて学びました。



原発の問題や計画停電など、首都圏も震災の影響を受けています。
正直、放射能汚染は非常に憂慮すべきで、私も毎日不安です。
が、春から冬に逆戻りして、氷点下の中、今を生きるのも精一杯な方々に、
日本人の意識を集中させていくことが何よりも必要だと思います。

被災地域は、復旧から復興へ、長い年月を要すると思われます。
とにかく継続的にみんなで注視していきましょう。

また、原発の状況次第では、健康被害や農作物への被害など、
数十年単位で爪跡を残すことが考えられ、
軽率に発言することは憚られます。

この難局、正確な情報を見極め、
冷静に、思いやりを持って生きていきましょう!

TARO

0 件のコメント: