2009年9月14日月曜日

池尻大橋

池尻大橋は、「Harriers」を立ち上げるのに不可欠な場所でした。
24歳のときに「ランナーズ」へ転職し、そこで担当させていただいた仕事、
出会った同僚、友人、クライアントのみなさま、ランナー、ランニング業界関係者等々、
会社を興して来月4年を満了できるのも、このときの6年間があったからです。

本当に感謝しています。


その「ランナーズ」の本社ビルがあるのが池尻大橋です。


先週、打ち合わせと言いますか、ご挨拶にうかがった際、
池尻大橋の駅を一歩出たときのなつかしさと
居心地の良さみたいなものを感じました。

池尻~三宿~中目黒あたりには本当によく飲みに行きましたし・・・(^_^;)

「ランナーズ」といえば、出版事業だけでなく、大会運営、記録計測、
インターネットサービス(ランニング関係)など、
どれをとっても日本でのパイオニアと呼べるのがすごいところ。
それは経営者の先見の明と、それを形にできる社員の方々の努力があったからこそと思います。


今、私はランニングをはじめ、さまざまなジャンルの出版、イベントの関係者の方々に
お世話になっていますから、決して肩入れすることはできませんが、
「ランナーズ」の「切り拓く力」は何事にも通じることだと痛感しております。

その進化し続ける「ランナーズ」が、また大きな転換期を迎えつつあるようです。
喜ばしいことだと思うのですが、「池尻大橋」派の自分には(笑)ちょっとさびしくもあります。




私の場合、日々発生する物事に30%くらいしか対処できていない感覚です。
どうしたら100%やりきることができるのか・・・。
「ランナーズ」での経験を鑑み、また、新しいことにチャレンジして成果を上げている
「同時代の先人」からも学びつつ、
前へ前へと進んでいきます!


TARO

0 件のコメント: