2013年4月3日水曜日

カラの物干し

365日、洗濯物がかかっていないことがない私の自宅ですが、
ここのところ、スッキリしています。
洗濯の回数も半減どころか3分の1。

1週間ランニングを控えていますが、
なかなか痛みが抜けません。
むしろ、ここへきて、痛みの大元がはっきりしてきた感じです。

「走らないから洗濯物がない=窓辺にいつもかかっている大量のウエアがない」
という、ありがたいけど、その実うれしくない(!?)状況です。

故障して走れないと、正直、落ち込みますね。
話題もつい暗くなりがち(>_<)
故障してから本や雑誌を手にする回数が増えました。

自分を見つめる機会に・・・。

クラブチーム(Harriers)の在り方や、さまざまな仕事の内容、進め方、
立ち止まって考えることは、いくらでもあることにあらためて気付かされます。

こんな小さな会社ではありますが、
法人の体を成している以上、想像以上にやることがあります。
そして、果たすべき義務もたくさんあります。

「土(グラウンド)の香りのする現場に立ちたい」
という思いからランニングのチームの経営を始めましたから、
その「現場」から離れて立つ自分を想像すると、
ものすごくさびしく感じられます。

「会社」として、どうなのか、
その「長」として、どうなのか、
そんなことを考える今日このごろです。

晴耕雨読ではないですが、こんな天気が2日も続くと、
ますます悩みの深みにはまりそうです。

「経営者は孤独」という言葉を時々耳にしますが、
まずは、「経営者」と胸を張れるような会社にしていかないとな、と
考える、年度末、新年度でございます。


この新しい門出の時期に際し、
ややアンダーな気分ではありますが、
早く患部を治して、心身ともに上げていきたいところです。

当面、実技(RUN)が必要な仕事は、
代行(弊社コーチ)を立てつつ、
できるかぎり、私も顔を出したいと考えています。

Never give up.

TARO

0 件のコメント: