2009年11月12日木曜日

第一戦はいかに!?



午前7時。
朝焼けがまぶしい、湘南の海岸沿い。
関東近県のフルマラソン初戦となった、日曜日の
『湘南国際マラソン』。
みなさん、いかがでしたでしょうか。

好天に恵まれましたが、その分、少し気温が高めでしたね。
Harriersからは29名が出走(10km含む)。
みなさん、おつかれさまでした!


泣き笑いがあるのはフルマラソンの常。
これまでペースメーカー含め31回のフルマラソンに出場していますが、
自身のレースについては、その時点で納得したものは片手で数えるほど。
ほとんどが課題を残す結果となっています。
裏を返せば、設定した目標に届きそうで届かなかったり、
時に完敗することで、
「次こそがんばろう!」
という意欲がわき、
結果、ランニングに傾倒していくことになるのでしょうね。
Harriersを立ち上げてからは、ペースメーカーを務めることが多いですが、
これまた難しく、必ずしも一緒にスタートした方全員が良い結果を得られるわけではありません。

そんなわけで、フルマラソンは、
 ・自身に及第点をつけられるケースが少ない(個々の目標が高いとも言えますが)
 ・肉体的、精神的にダメージが大きい
---という事情がありますから、まず今回出場したすべてのランナーのみなさん、
少し間を置いて、カラダをいたわってから通常のトレーニングを再開してください。
それまでは、通勤時に歩いたり、筋肉が衰えない程度に短い時間のランニングをしたり、
いわゆるつなぎのジョグの繰り返しでOKです。

気持ちの波が上昇してきたら、再びトレーニングの頻度と質を上げていけばいいでしょう。

ここで無理しては、年明け以降の大会に影響します
(まさか、年内にもう1本という方はいませんよね^_^;)。
休むべき時に休んで、英気を養い、次戦は笑顔でフィニッシュラインを超せますように♪
今回うまく走れた方は、良かった点をラップタイムとともに記しておき、
次回さらにステップアップできますように!

TARO

0 件のコメント: