2008年6月6日金曜日


午前中、都心から80分ほどの実業団チームの監督、コーチとミーティング。
グローバル企業なだけに、考え方も選手のレベルもワールドクラス。
共感できる貴重なお話をすることができました。
午後はFraps(小学生の陸上クラブ)。
朝から降り続いた雨が、競技場に着く前にやみ、子どもたちと久しぶりにいい汗かきました。
大会がひとつ終わり、RUN練習が不足気味と考え、体力に応じて400m~800mのインターバルを
行いました。
みんな以前ほど弱音をはかなくなったのは大きな進歩です☆
実業団選手にしても、小学生にしても、このスポーツに挑む気持ちはみんな同じだな、と思います。
強く降り出した薄暗いトラックで、顔に滴る雨を気にすることなく、一生懸命ゴールを目指す子供たちの横顔を見て、ふとそんなことを思いました。
TARO

0 件のコメント: