2008年6月30日月曜日

日本選手権

最終日はあいにくの天候になってしまいましたが、
100mの男女決勝や5000m女子決勝など、
関心の高い種目が行われました。
5000mでは、前評判通りの選手が上位でレースを進め、
どこでだれが「隊列」を抜け出すか、場内固唾を飲んで見守る雰囲気でした。
そして、なんとラスト1000mを2分52秒というスピードを生かした走りを見せた
小林選手が1着でフィニッシュ。
同時にオリンピック代表に内定しました。
全身の力を振り絞り、かつ戦略的な要素も必要な陸上トラックは、
本当に魅力的です☆
9月には同じ等々力競技場で「スーパー陸上」(海外招待選手も参加)が開催されますから、
まだトラックレースを見たことがない方、ぜひ陸上競技場に足を運んでみてはいかがでしょうか。
そして、身近に出られるトラックの大会は意外と多いですから、こちらもぜひ♪
TARO

0 件のコメント: