2010年4月26日月曜日

フルマラソンシーズンを終えて ≪その1≫

4月18日(日)をもって、
秋季~冬季~春季にかけての
フルマラソンシーズンがひと段落しましたね。

おそらく、1本はフルマラソンを走った、という方が
大勢いらっしゃることと思います。
なかには、四季に合わせて3本走ったと言う方も少なくないと思います。
記録を意識する場合、フルマラソンについては、1本に絞ることがベターだというのが持論です。
しかし、今シーズンのように、悪天候に見舞われることが多いと、
もう1本くらい保険をかけておいてもいいのかなと感じました。
大会は来年も巡ってきますが、必ずしも今年と同じ調子で臨めるとは限りませんからね。
出せるときに自分史上最高タイムをマークしておくのは、わるいことではありません。

さて、長年、ランニングをされてきている方ならご存知だと思いますが、
スポーツには「期分け」という考え方があります。
プロ野球で考えると分かりやすいかもしれませんね。

【Baseball】

2月1日 キャンプイン
3月 オープン戦開始
3月下旬 開幕
7月下旬 オールスターゲーム(前後1週間くらい休み)
10月 リーグ戦終了
11月~1月 休養・自主トレ

同じようにランニングにも「期分け」の考え方があります。

【Running】

4月~7月 鍛錬期(スピード養成)
8月~9月 鍛錬期・合宿期(スタミナ養成)
10月~12月 コンディショニング期・レース期
年末年始 休養・自主トレ(ターゲットレースが近ければ大切な時期)
1月~4月 鍛練期・レース期

私たち市民ランナーには課題がいくつかあります。

・暖かい(暑い)時期にスピード練習が不足しており、
 一向に身体の「開発」が進まない。
・もっとも記録を出しやすい秋季のレース前、
 夏場の酷暑で走り込みが思うようにいかない。

など。

≪その2≫で「スピード練習」についてお話したいと思います。

TARO

0 件のコメント: