2010年8月27日金曜日

道のり

車山高原の合宿を終えると、時の流れを実感します。
5年前のクラブ立ち上げ時、翌年を見越して下見へ行ったのがちょうどこの時期。
5年で6回の合宿を当地で行うことができて、
あらためて感慨深いです。

さて、昨日、ある新聞社主催のランニングセミナーのミーティングに出席してきました。
きっかけは雑誌『ランナーズ』の取材に協力したことでした。
また、その後、やはり人からの紹介で、スポーツ関係の施設運営などをしている方とお会いし、
双方にとって前向きな話をさせていただきました。

振り返ると、煙すら立たないところからスタートして、
あっという間に5年が経ちました。
まず思うのは、こうした人との「縁」と「出会い」。
これが本当に大きいです。
また、実務においては、Harriersの会員を増やしていくことと同時に、
どうやって社会に受け入れてもらえる仕事を作り出していくか・・・。
そんなことを日々考え、とりあえず行動してみて・・・
それの繰り返しでした。

自暴自棄にならず(笑)ここまでこられたことを心からありがたく思います。
ですが、まだ富士山にたとえたら1合目なので、
これからも邁進していきたい、いかなければ!と考えています。

折れそうなときもモチベーションを喚起してくれる、
Harriers会員やコーチのがんばり(仕事、ランニング)、
さまざまな刺激を与えてくれる仕事の関係者のみなさま、
あらためて感謝申し上げます。

仕事もいっぱいしたいし、新しいイベントも作り出したいし、記録も伸ばしたいし・・・
欲張りかもしれませんが、できるかぎり各局面でベストを尽くしてまいります。

引き続き、みなさまよろしくお願いします。

TARO

0 件のコメント: