2010年6月15日火曜日

重圧をはねのけた勝利

サッカー日本代表、大きな勝利をもぎとりましたね~(^_^)
「手に汗握る」というより、
「全身で汗をかく」ような展開でした(^_^;)
ボールの支配率は
カメルーン55%、日本45%だったようですね。
特に終盤、攻めあがるカメルーンを、ひとりひとりが
盾のごとく守る姿勢が印象的でした。
先日の『中田 x 本田』のインタビュー(TV朝日)でも
意外にも「気持ちの部分の大切さ」について語られていましたが、
前後半90分超、集中力を切らさず、チーム一丸となって強い気持ちを維持したこと、
それが勝ちにつながった、というようなコメントが多く聞かれたのは、
スポーツの原点を見たようですがすがしかったです。

結局、スポーツ選手も人間ですから、フィールドに立てばとても孤独。
周囲の支えとそれに対する感謝の気持ち、仲間との一体感、
そういったものが粘り強い集中力を生み、
勝つことにつながっていくのだな・・・
と、今回の試合を見ていて、また選手らの感想を聞いていて思いました。

いずれにしても、残りの試合で勝ち点を積み上げ、
成長していく代表一団の気迫と結実を1試合でも多く見てみたいです☆

TARO

0 件のコメント: