2010年7月5日月曜日

目覚め

今朝も歩きました、60分。
走らなくていいと思ったら、
スッと起きられました(^_^;)
知らず知らず、朝食前に走ることが
プレッシャーになっていたのかもしれません。
実際のところ、朝の自主ランは断念することのほうが
最近は多かったのですが、
「歩く」という選択肢が増えたことで、
新しい生活リズムを生み出せる予感がしています。

歩きながら、年齢に応じたトレーニングがあることを再認識しました。
たとえば、シアトルマリナーズのイチロー選手は、
ナイトゲームでも、昼過ぎには球場入りし、
入念なウォーミングアップを行うというのは有名な話ですね。
ウエイトトレーニング、ストレッチ、ランニング、キャッチボール・・・と、
微塵の無駄もなくゲームに向けて身体を仕上げている、
と聞いたことがあります。

そのイチロー選手ですら、
ウォーミングアップやアフターケアにかける時間は、
若い頃と比べたら増えているはず。
ランナーも年齢によって、
身体が温まるのにかかる時間、
疲労や故障からのリカバリーにかかる時間は
異なってくると思います。

多少の違和感があっても走ること(高負荷)を優先させていた若い頃と、
セルフマッサージやストレッチ、場合によってはウォーキング(以上、低負荷)に
時間を割かないと現状維持すらできなくなってくる年代と。
徐々に、パフォーマンスを維持するアプローチが、
「高負荷・短時間」から「低負荷・長時間」に
変化していくということですね。


ふと、以前、伊藤良彦トレーナーが教えてくれた言葉がよぎりました。

【plateau/プラトー】=【頭打ち】

正直、押し寄せてくるplateauの波から必死に逃げようとしていることを自覚しています。
その「波」に追い越される前に、出せる限りの自己新を出しておきたい、
それが春先からトラックレースに臨むときの意気込みとなっています。


さて、「歩く」話から飛躍しましたが、
脳から神経、筋肉へと徐々に「点火」させ、
そして、3者を統合してハイパワーまでもっていく一連の流れ。
私もようやくそのことが、頭と身体で理解できるようになってきたのを感じています。

朝、歩きながら、肉体のバランスを整え、
あらためて、ランナーとして、経営者としての
目標や野望に思いをめぐらせ、
ちょっとわくわくしながら
新しい1週間をスタートさせることができました☆

TARO

PS.
昨日の「400mインターバル練習会」にお集まりのみなさん
(過去最多??)、
おつかれさまでした&ありがとうございました!
暑かったですが、一人ひとり、良い追い込みをしていましたね(^_^)
炎天下を駆ける「隊列」を目で追いながら、
なんだか私自身のモチベーションも上がってきました!
ありがとうございます!
それと、大変恐縮しておりますが、
土曜日の練習会で、サロマ湖出場者(50km、100km)のみなさんから、
たくさんの差し入れを頂戴しました!
こちらもありがとうございます!!

0 件のコメント: